スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

優しさ。

どうも、!こんにちは、!
デコ広でえええございまあああうす、!(歌舞伎風)
もう最初からしっちゃかめっちゃかですね(笑)

近況報告...
一年前ぐらいからはカメラにハマっていて(と言っても本格的な奴ではなく、未だ携帯での写メ...(笑))最近は何かと感動した景色があれば、撮っています。
ネタが無くなってき次第に、淡々と上げていこうかな...と思っています!大体は景色、雑踏、建物ですね。人も撮ってみたいが...流石にそんな勇気は無い!(笑)
と、いうことで、あげるときは、下手くそでも大目に見てやってくださいな...

さて、今回の本題に入りますが、「優しさ。」ということですよね。
今回言う優しさ、っていうのは、誰かの手助けをしたりする「優しさ」です
優しさって皆さんどこから生まれると思います?
良心?同情?それとも仕方なしに?さては優しさなんか持ち合わせてないから知らないぜ...とか?(笑)
ひとそれぞれかもしれませんね。

優しさっていうのは、不思議なもんですよね。弱肉強食のサバンナとかの動物界じゃ有り得ないものですから。
だって、動物界では優しさなんか持っていて、ライオンに襲われた仲間を助けようとしても食われてしまいますもの...ですから危険。
それでは、おんなじ動物の人間界。ここでは自分に利益はないもののことが多く、相手の手助けにしかならない。
それでも優しさをかたむける。
そもそも自分は、はっきりと見えるものの手助けなんて、頑張れば、誰でもできると思っています。
でも、勇気はやっぱりいります。盲人の手を取ってリードしてあげる、老人に席を譲る。これだけでも結構勇気がいりますよね。
勇気だけならいいのです。それ以上に何かが必要になると大変ですが。
それ以上に何が必要か、というと、僕は想像力かと思います。想像力こそ、優しさの源だと僕は思うのです。
優しさは気づくから始まります。その気づくをもうちょっと鋭敏に、そして磨くことができるなら細い優しさ、を得られると思います。細い優しさ、その源の鋭敏な気づきの力、それを得るためには、やはり想像力が必要になる。
例えば、
あなたの親友が浮かない顔をしている、するとあなたのもうひとりの友達が「なにかあったの?」と聞いた。
「なんでもない」、と親友は言った。友達のこの一言、ここまでは「優しさ」なのです。
あなたは放課後思い切って、メールしてみた。
「何か悩んでることがあるんでしょ?言いなよ」と。そうすると、親友からメールが返ってきて、悩んでいることを打ち明けた、というような。
それから、「手伝おうか?」と言っても相手が「いいよ、別に、自分でやる」といいつつも、想像力がある人なら、きっと気遣って手伝わなくていいよ、と言ったに違いない、なんてことはいつもの行動から、想像できるものです。
仕事でも、人が気づかないようなミスだったり、人がしたことの尻拭いだったりはきっとできるはず。
お客さんの水が無かったら、気づいて注ぐ、とか、誰かの汚れの拭き残しがあったとしても、それを拭ったり。
だから、本などの想像力のつくものを今の若い人たちは読んで欲しい。

想像力は、優しさ以外にもきっといいことにつながるはずです。
でも、まずは想像力をつけて、そういう細かい優しさを、みんなが持てるようになるといいな。
それでは、またの機会に、SEE YOU NEXT TiME BYE BYE !!!
スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

デコ広

Author:デコ広
当ブログへようこそ。
このブログのポリシーは三ヶ条
1.映画に「点」や「星」をつけない。
2.内容を言わない(ネタバレしない)。
3.映画に対する罵詈雑言は言わない。

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
アクセスカウンター
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。