スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

嫌われる勇気

ども、!デコ広です、!
なんかいっつも同じじゃあつまらないので新しい表記の仕方を生み出そうと読点の次にエクスクラメーション・マークを置いて見たけどどうも変だね(笑)やっぱり普通でシンプルが一番かっこいいんだな、!なんてわけのわからないことは置いといて、と(笑)
さて、今日は嫌われる勇気と題したわけだけど、この題名の本がたしか出てたね。
それも気になるから今度書店で見てみようと思ったわけなんだけど、やっぱりこういう題名の本が売れるってことは、
人間関係に悩んでいる人が多いってことだよね・・・?(笑)

それもそのはずだよ!かの有名な哲学者(名前忘れたごめんw)
が言っていらしたけども...?「人間は人間関係だけが悩みの種でそれさえ除けば悩むことはない」
なぁ~んて言ってるんだからさ。
かのわたくし私もその一人だね。悩むと言ったら人間関係ぐらいしかないものね。
だって、全ての元凶は人間関係。人間の所為がなければなんのトラブルも生まれないんだから。
人間がいてこその懊悩。人間がいてこその人生の不運。
それをどうやって乗り越えるかが大事、ってことですよ...。
まぁ、それが解決してたら悩む人はいないしそんな本を買う人だっていないわな(笑)

さて、どうやって乗り越えるかだけど、乗り越えるっていうのは間違いだと思うんだよね。
克服する、っていう方がもしかしたら近いかもしれないね。
自分の完璧主義の克服。それはだね、人を嫌うこと。
ここで言う「嫌い」は話しかけもしないし友達にもならない、相手の話も無視するとかそういうこと。
なんて、これまた簡単に言うけど、今の現代人にゃあ難しい。
嫌でも付き合っていかなければならない場合もあるし(本当にこればかりは糞としか思えないよね)
それに、いくら嫌っていたとしても、良心が許さなくて、いつもどおりに接しちゃう人だっているはず(嫌えとか言ってなんだけど)
やっぱり徹底的に嫌うのは難しい。
と、そこで考えたのだけど、結局嫌う人っていうのはどこか自分と似ている場合があるから、それを見て、自分の類似点、即ち、その嫌いな奴の嫌いな点を相対的に見て、自分の腐った面を治すきっかけにしたらいいんじゃないかな?ってぼくはおもうわけですよん。
結局、嫌いな奴を、自分を変えるための「キー」、そう鍵にしちゃうわけだよ。それならなんか、いい気がしないかな?
やっぱり嫌いな奴は嫌い、そう言い切ればいいんだけど、更にそいつを思う存分活用しちゃって、自分を向上させるきっかけにすればいい。
「ああ、あいつって全然ダメだな。人間としてなってないよね」って自分の嫌いな奴が言われてる日は必ずありますよ、結局自分が嫌いってことは少なからず他人も嫌いですから。
結局、「嫌いな奴」ってのは、人間としてなってない奴ばかり。馬鹿は一生治らないとか言うけど、正直、真理かもしれない。だって、人に言われるまで気づかないし、下手したら言われても気づかないやつもいるからさ(ウチの周りに実際にいるからね)
言われて治せる人は治せる。現実逃避してる連中なだけ。馬鹿にされたくないなら、必死で人間勉強しろ、っつーことだな。(正直言われて治せないのは病院に行ったほうがいいかもしれない、正直に言うとそういう病気もある)

結局、自分が嫌いな奴は大体な、他人も嫌いなもんですわ(笑)
そう割り切って、どんどん人嫌いなってください。その人のためになります。「あ、俺こういうとこがダメだったんだ...!汗」って気づかしてあげてください。そうじゃないと...。人を嫌いになれない完璧人間ばっかりになって欠点直せず、畢竟、日本の終わりですね(笑)

さあ、みんなもレッツ、ヘイトザヒューッマンピープル!!!(笑)(笑)(笑)WWW

それじゃ、またの機会に、SEE YOU NEXT TiME BYE BYE、!!!←(笑)
スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

デコ広

Author:デコ広
当ブログへようこそ。
このブログのポリシーは三ヶ条
1.映画に「点」や「星」をつけない。
2.内容を言わない(ネタバレしない)。
3.映画に対する罵詈雑言は言わない。

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
アクセスカウンター
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。