スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

ご冥福をお祈りします。

HR_Giger_45aacd3a3b92a.jpg

突然の...12日、H・R・ギーガーの訃報...
最近、私の知っている有名人がどんどん亡くなっていく、と思った。
とりわけ彼は本当に好きで、なんかの機会さえあれば絶対どこかで直に話を聞きたいと思っていた自分がいる(難しいが(笑)
名前だけ聞いてもわからないかもしれないが、あの「エイリアン」のデザインを手がけた有名画家。ほかにも「スピーシーズ」、「ポルターガイスト2」なんかのデザインも手がけている。(コアな音楽ファンなら知っているけど、あのKornのマイクスタンドのデザインも彼です)
ああ、こんなにびっくりした自分久しぶりです...(笑)そのぐらいそのデザインに奇妙なほど惹かれていて、珍しく画集も買いたいぐらいだった。うちにも小さなエイリアンのフィギュアが二つほどあります。
なぜその絵に惹かれるかっていうと、人間の性器を絵に組み込んでいるらしいんです。エイリアンも男性器を取り入れているとか。ほかにも女性器と男性器が交わり合うような感じの絵だったりとか、男性器がやたら誇張されている絵だったりとか。その金属質のフォルムの中の妙な淫靡さというか、そのすべてが好きだった...。

やはり絵に何かを組み込んで万人に受ける素晴らしいものにするっていうのは、相当難しいことだと思う。キュビスムを作り出すのにピカソが四苦八苦したように。
でも、性器という普遍的な人間の欲望の象徴そのものだったからこそ、万人にうけたのかもしれないしな。だって、実際性器ってよぉ~く見ると凄まじく気持ちが悪いよな。でも、それに惹かれる俺たち人間。もっときんもちわるぅ~(笑)(笑)(笑)
あの「エイリアン」の衝撃は凄まじかったなぁ...あの醜悪且つ美麗なフォルム、そして恐怖を植え付けるあの舌...
エイリアンはやはり彼なしでは成立しなかったでしょうね。
本当に惜しい方を亡くした。

そして、気になる方もいると思うが、あのプレデターのデザインもやっぱり好き(笑)(笑)(笑)
あれはスタン・ウィンストンさんなんですが、こちらも亡くなってらっしゃる...
本当に残念。
あのプレデターのデザインは彼が「電撃戦隊チェンジマン」のファンであり、そこに登場する悪役ブーバを参考にデザインを考えはじめたことがきっかけ。
pre2.jpg

というか、実は最初、変な安っぽい怪獣だったらしい!!!(情報元のSantastic ムービー・コレクションさんに感謝)
prefirst.jpg
こっりゃひでぇw
ほんで、流石にこれはまずいということになり、前述の彼がデザインを考え出しました。
他にもジュラシックパークのティラノも彼だし、俺の最も好きな映画のターミネーターのデザインも彼(うちにあの機械頭がある(笑)ほんとすごいなぁ。絵かきってのは。
termi.jpg
筋肉触りてぇ...(笑)(実はわたくし筋肉フェチだったりする。よくガチムチの友達のも触ってました(怖)

はぁ...才能ある人ほど死んじまうのが惜しいし、死ぬのが早い気がする。
やっぱり才能を持つ人は苦労人なんだろうな、って常に思う。どれだけ世間を期待させられるか。どれだけ自分の作品と向き合えるか。荒れ続ける心中を持ちつつ生きていかなきゃならない人たちなんだ、と思った。
お、俺も負けじと頑張るぞう!!!(笑)(笑)(笑)



最後に、本当に、二人のご冥福をお祈りします。



それでは、またの機会に。SEE YOU NEXT TiME BYE BYE...
スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

天才に。 触ってみたい。

こんばんわ。

たしかにこの筋肉に触ってみたい。。。

人生ではなかなか天才と言える人と
一緒できる機会は少ないのですが、
それでも人生を一生懸命こなしていると
数人には出会うチャンスがあります。

その時、自分の成長も一気にあがります。
天才から何かを吸収しているのか
それとも天才が寄ってくるほど
自分が頑張れているからなのかはわかりませんが。

ちょっと最近出会えていませんので
自分の頑張りが足らないのかな。。。
なんて。

すいません、関係ないことを書きました。
また遊びに来ますので
よろしくお願いいたします。



Re: 天才に。 触ってみたい。

こんばんわ。
>
> たしかにこの筋肉に触ってみたい。。。
>
> 人生ではなかなか天才と言える人と
> 一緒できる機会は少ないのですが、
> それでも人生を一生懸命こなしていると
> 数人には出会うチャンスがあります。
>
> その時、自分の成長も一気にあがります。
> 天才から何かを吸収しているのか
> それとも天才が寄ってくるほど
> 自分が頑張れているからなのかはわかりませんが。
>
> ちょっと最近出会えていませんので
> 自分の頑張りが足らないのかな。。。
> なんて。
>
> すいません、関係ないことを書きました。
> また遊びに来ますので
> よろしくお願いいたします。

espressoatmさんも筋肉フェチ…?( ̄ー ̄)ニヤリ

僕が思うに天才というのは努力家であり好奇心旺盛でありそれであって社会不適合者なんだと思います。
社会不適合者、というのは、やはりどうしても社会に倣って生きていくのが嫌だったりするもんですが、
それが特に強い人たちなんだと思います。どうしてもここが理解できないというのが人より素早く、明確に分かるから
それに従うつもりはないという気持ちが出てくるのでしょう。
その反抗心があってこそ素晴らしいほど作品に意欲が表れ、人を感動させたり感化したりできると思います。
ダリやエジソンも学校、教師にとことん嫌われていました。(エジソンなんか「お前の頭は腐っている辞めてしまえ!!!」って言われたりホントひどい(笑))
やはり天才というのは強い人たちですね…

頑張ると天才に逢える。そうですね!やはり自分の位置を高め、自分を向上させれば自ずと天才は近くによって来ますよね。
そういえば、私の落ち着く場所ですか。
私は古本屋の酸っぱい匂いだったり、本屋の真新しい紙の匂いが好きで、そこに行くと落ち着きます。
その匂いを感じながら本の裏表紙の文字や表紙の絵を眺める。たまに自分の好きな作品が安く売られていたりすると歓喜するもんですよ(笑)espressoatmさんも是非( ・`д・´)

それではまた来て下さい!それでは!!!
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

デコ広

Author:デコ広
当ブログへようこそ。
このブログのポリシーは三ヶ条
1.映画に「点」や「星」をつけない。
2.内容を言わない(ネタバレしない)。
3.映画に対する罵詈雑言は言わない。

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
アクセスカウンター
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。