スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

恐怖や超常現象について

http://blog.livedoor.jp/worldfusigi/archives/5163503.html

このブログさんに載っていることなのですが、「パラレルワールドに行ける方法」らしいです。
「にわかにもそんなこと信じ難い。」とか数学者とか物理学者なら言いそうですが笑
天才物理学者の中でも超異端なガリレオ先生なら「面白い。」ってところじゃないでしょうかwww
私はそういうのを信じる方なんですが(超ビビリなので...笑)信じたくないところもあります。
いつしかの記事でお話した こちら→http://eviden.blog.fc2.com/blog-entry-9.htmlでプラシーボ効果とノンシーボ効果のお話をしたと思います。
その記事でも言った通り、やはり「思い込み」というのは非常に危ないです。
時には肥大化した個人妄想が殺人にも結びつきかねないし
日常的なモノで言うと例えばただ自分と違う長い髪の毛を見つけただけで根拠のない「夫は不倫してる」という考えに行きつき、言い争いになったり...というのはよく聞く話です。まぁ、不倫である場合が多いですが(笑
「怖さや、恐怖なんて自分の気の持ちよう」なんて言ったりするのを聞いたことがありますが、まさにその通りなんです。怖がりすぎてしまうことで正常な思考が麻痺し起きもしないことを起きたと簡単に勘違いするので、却って、思い込みが「怖さ」を助長しているだけなんです。
さて、ここまでで何が言いたいかというと、私はこう思っているということです。
「幽霊や、祟り、呪い、超常現象などは思い込みによって増幅且つ際限なく幻覚幻聴を産出しかねない、ということ。」 
こんなことまで言うと矢追純一さんとかその他諸々幽霊肯定派の方に怒られそうなもんですが...笑
つまり怖い怖い...と思うことで精神的に追い詰められついにはそれが出現するということなんです。
どうでしょう?私は科学では証明できないことを私はこう提言して証明したいと思っています。
まさに恐怖が恐怖を生んでいるのです。それを忘れずにいてください。
かといって、私は上述のURLに載っている事を試そうとは思いません。
私の意見はまだ仮説の域でしかないと言えるでしょう。ですから本当に超常現象が存在するのか?と言われれば私は答えようがありません。もしかしたら、本当に存在していてそれが起きる可能性も無きにしも有らずなのですから。
だから私はまだ超常現象を信じています。この自分自身の仮説を信じて本当の恐怖を思い知らされるかもしれないのですから。
スポンサーサイト
line
line

comment

管理者にだけ表示を許可する

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

デコ広

Author:デコ広
当ブログへようこそ。
このブログのポリシーは三ヶ条
1.映画に「点」や「星」をつけない。
2.内容を言わない(ネタバレしない)。
3.映画に対する罵詈雑言は言わない。

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
アクセスカウンター
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。