スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

気づけば一年ちょっと...

どうも、デコ広です!
気づけばブログ開設から一年半が経過しようとしてますね。
月日が経つのは早いものですな...
そういえば、このブログを開設した細かい理由を話してませんでした。これを機にちょっと話していこうと思います。
もともと私はこれの前に三つほどブログをやっていたのですが、どれもあまり続かず...(笑)
それで、新たにブログを作って、続けようと思ったのがこれなんです。先程の三つのブログはもともと友達だった人たちとしかお話していなかったのですが、これは心機一転、誰にも教えず始めました。
ただ、書く事が思いつかない...
いや、この際好きなことなんでも書こう、なんでもいいだろうと思って、まずその時に一番ハマっていた映画について話しだしました。それから雑記食べ物音楽と幅を広げました。
中学校の頃、Wikipediaや辞書に大変お世話になった僕が今度は皆さんに知識を披露する番だと気づいたのが最近の話(笑)というかだな、最初の映画の記事(ムカデ人間)とかのレビューは拙いっすねぇ~っ(笑)最近だと、色つけたり、画像つけたりすっげー進歩したなーって感じる!
それから、今では、たくさん(まだ全然たくさんとは呼べないかも(笑))の人たちが来てくれて、コメントまで残してくれています。見てくださってる方のおかげで続けられているので、本当にありがたい限りです。この場を借りてお礼申し上げます。
これからも当ブログ、デコ広(でこひろし)の珍奇映画録を宜しくお願い致しますね(´д`)

さて、話題転換。
最近の私の身の回りの出来事でも話しましょう。
今日の北海道はとても暑かったです...(´・_・`)
コートを着てても汗がちょっと出るぐらい...11度くらいだったのかな?
その中でわたくしデコ広はラーメン食ってましたから...もう汗だくだく、けど店で食うラーメンは本当うまい。
やっぱり麺はラーメンが一位!その次にそば、そうめん、うどんと続きます。

それから、この季節は出会いと別れの季節ですか...
僕も昔は大好きです。小学校のコロの自分が一番好きだったかな(笑)
昔に戻りたいって思うときもあるけど、それは叶わない。記憶の中だけで生きているだけ。
だけど、昔に戻ったら、つまらないのかなあと思う。それは一瞬であったから楽しいと記憶されているだけであって、それが永遠に続いたとしたら、全然楽しくないよね。
一瞬の幸せが人間の中で一番幸せなのかもね(じゃあ結婚って...ああ、考えたくもない(笑)
ということで、やっぱ人間、今を生きるのが大事。辛い過去だってなんだって捨てて、未来のために生きようぜ!
辛い過去と聞いて、思い出したけど、戻りたくない過去もあるな...
中学校はなんだかんだでひどかった(笑)思春期だったのもあったけど、みんなが俺のハ○←ご察しください(笑)をいじるんですな...もう、髪で隠してたし、ほんとやだったな~w(まーこれが僕のブログネームの由来ですわ)
ただ、それで皆に話しかけられるっていうのもあったからそれはそれで...ってよくねえわ!(笑)
後は、持病かなぁ...中学校の教師が嫌で、ストレス溜まって、過敏性腸症候群が悪化して、毎日下痢してた。
ホント、うんこしてるーいわれる日本じゃきついんすわwこの病気w
そういうことでなんだかんだ自由の国アメリカ行きたい言い出したり、死にたい言い出したり、もうなんかとにかくやばかった。
それも、今では全部ポジティブに捉えられるようになったし、自分が変わったのが嬉しい。(まだアメリカに移住するという夢は諦めてねえぜ!(笑))
こんな感じかな、自分の最近の考えてることは...
やっぱり周りの人の変化に一喜一憂するのも少しは必要だと思う。
けど、いつまでも引きずってちゃダメだな。
そこから離れる勇気をもってこそ、自分が一人前。本当の大人なんだとわたくしデコ広は思う。
そうんなこうんなで~い
みんなも、ずっと引きずってちゃダメだぞ。そこの失恋したチミも。転校するかもしれないチミも。
みんながんばろうぜ、新しい環境で。
言いたいことはそれだけ!ほんじゃ!さいなら!
SEE YOU NEXT TiME BYE BYE!!!
スポンサーサイト
line

「明日ママがいない」を見て

どうも、こんにちは。
デコ広です。
今回は、ドラマ「明日ママがいない」を見た感想を書いていこうと思います。
asumama3.jpg


大変物議を醸した本ドラマでしたが、率直に言うと、とっても「深かった」です。
根本はギャグテイストで固められてるんですけど、ちらほら、子どもの不安とか、大人の絶望感とかが見えて、そういうとこが、面白いし、深かった。
やっぱり、制作側は、その数は少なくとも、不安に駆られている子供がいることを知って欲しいと願っているんだと思う。
身勝手な大人が、子供を不安にさせる人が今は多いと思う。最終回で、コガモの家(芦田愛菜ちゃん演じるポストとかがいる児童養護施設)の施設長(三上博史)がこう言っていたのが印象深い。
「子供が悩むぐらいなら、大人が悩め!!!」
本当にその通り。
子どもの頃に負った傷は一生癒えない。あるときにフラッシュバックしたり、なにかの行動に支障をきたしたり。
そんなことになるぐらいだったら、大人が悩んだほうがいいのだ。国の将来を担う子供に、不安がらせるようなことは絶対にさせてはならない。
その不安の一つを表したのが、この児童養護施設での物語だろう。ここの子供たちは、親に捨てられ、愛情を受けられない、子どもたち。このままここで死ぬのかもしれないという不安と、新しい親を本当に愛せるだろうかという不安。
事実、こんな絶望を子どもの頃に味わわせるのは、すごく惨いことだと思う。そういうことをする親は、人の心を考えるという能力が欠如しているに違いない。普通なら自分の子供を捨てるなんて考えられない。どんな事情があったとしても自分が生んだ命は自分で育むべきなのである。
まず、「私に捨てられたら、子供はどう思うんだろう?」と、考えて欲しい。
そんなことも考えられぬような人間に、子供を育てる資格はない。
子供を幸せにする。それだけで十分。ほかには何もいらない。親の愛さえあれば、どんな子供だって生きていける。
貧乏だろうと、不細工だろうと、性格が悪かろうと、それはただ世間体にすぎない。それら全てに、「愛」は必ず普遍的に存在している。
現代の子供の不安を描くとともに、「子供は、愛さえあれば、生きていける」、ということを言いたかったのかもしれない。
このドラマには、私自身、とても感銘を受けた。(というか、名前で騒いでるどっかの病院がいるが、ロッカーとかドンキとか、ただのウケ狙いに過ぎない。フィクションだと割り切ろよ。それを見て傷つく子供がいるのは事実かもしれないが、それ以上に見るべきものがこのドラマにはあるだろう。なぜいちいち批判するんだろう)
現代を生きている人は、これを見て、子供の大切さを再実感して欲しい。少なくとも、私はそう思う。
asumama1.jpg
asumama2.jpg
asumama.jpgasumama4.jpg

余談...子役が全員可愛くて、それも全話見たいと思ったきっかけだったりする...(笑)
ピア美役(一番最後の写真)の子は、将来スッゲー美人になりそうだし、ボンビ(最後から二番目の写真)はすっごく可愛くなりそう。
ドンキ(一番目奥と、三番目の左写真)はほんと笑顔が似合う女優になりそう。芦田愛菜ちゃん演じるポストは、もうそりゃあ末恐ろしい...大女優の予感(笑)演技力がすごいもんなあ...今回はピア美のコンサート会場で泣く演技が一番すごかったけど!(ドラマで見てみて!)
と、真剣な話を上でするも、最終的には、やっぱりデコ広はデコ広なのでした...(笑)
line

System Of A Down

はい、どうも!デコ広です!
今回は音楽についてです。

音楽について話すのは始めてだと思うのですが、芸術分野(映画、音楽、美術、小説等)で一番好きなのが音楽です!
分野としては、ロック、パンク、メタル、スクリーモ、ピコリーモ、ダブステップあたりです。
音楽の造形が深くない方は、分野言われてもはっきりいって意味不明ですが...いわゆる激しいやつが好きなんです。

まずロックというモノを知ったのが小学五年生ぐらい(笑)もうこのときから激しい音楽大好きでした。
よく日本のヒットチャートに登る音楽の良さがそのとき分からなくて、どういうのが好きなのか模索していた時に、チャットである人が教えてくれたのが、まずこいつらのこの曲なんです。
Fact - "A Fact Of Life"

最初日本人だと分からなくて、能面つけてるから、日本のこと好きなのかなぁ...と思ってたんです(笑)
そして、チャットの方にそれ言ったら、「日本人だよ?w」って(笑)
そのときのわたくしの反応「(´Д`)ハァ…?」
なんでこんなえいごうめーんだよおお.....

それからというもの、この方の曲を毎日50回は流してました...
はい、もう、どっぷりはまったんです。
それで、他にも探したい、と思い、YOUTUBEのオススメでこいつらを見つけてしまった。
名は、System Of A Down!!!

この電子音なに!?このくせになるギターリフなに!?このくせになる変な声なに!?そしてこの浮浪者みたいな容姿はなに!?www
もう、またはまりました。他にも、Science,Toxicity,Aerials...などとくっそはまりました。
もうiPodが泣いてました。すいません。ごめんなさいiPod...w

ですが、飽きというものはあるもので、中学生になると、他の曲しか聞かなくなりました。
では、なぜ、書こうと思ったのか...
その理由は、今、また私の気持ちに音楽というものの素晴らしさを讃える気持ちが再燃したから!
小学生のとき音楽しか聴いていなかったわたしなのに、今では歌詞の意味もちゃんと調べるようになり、PVの意味も調べるようにしました。
そして、System Of A Downにまたはまり、いろいろな曲を聴くように。
調べるうち、次第に、彼らの素性が明らかに...

彼らはロスのアルメニア人コミュニティ出身で、よく歌詞にアルメニア人虐殺の批判をいれていることなどがわかりました。本当に歌詞は社会性が強いです。そして、ヘヴィな音楽に混ざる、民族的なひょろひょろして悲しいギターリフ。
どこを見ても完璧なバンド。でも、容姿はチョー普通、逆にそれが親しみを受けるというか!それに、メタルなのに、グラミー賞授賞!!素晴らしい。

彼らの素晴らしさは書くと、延々と続きそうです。
ここらへんで終わりましょう。皆さんもこれを機にヘヴィな音楽に聞き入ってみてください(๑≧౪≦)
それでは、SEE YOU NEXT TiME BYE BYE!!!

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

デコ広

Author:デコ広
当ブログへようこそ。
このブログのポリシーは三ヶ条
1.映画に「点」や「星」をつけない。
2.内容を言わない(ネタバレしない)。
3.映画に対する罵詈雑言は言わない。

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
アクセスカウンター
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。