スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

どうも、今回は映画ではなく雑記です!

どうもデコ広です。
なんと今回は映画レビューでなく雑記です。
あ、下にありますのでディセント映画レビューも今日かいたので見てくれれば嬉しいです。
真面目に書きましたので見てください。

最近思うことを書きたいんです。。。
それは日本の社会の不自然さ、です。

内申点という制度。みなさんも学生時代はよく悩まされたのでは?
日本のおかしな状態はここから始まります。教師に諂い、点を取ってなにが嬉しいのでしょう。そして積極性も子供たちに見られない。そういう教育を施してあげてないから。手を挙げたら稀有なもののように好奇の目で見られたり反論も論議であまり出ない。
未来の日本を担う子どもたちのためにも内申点制度を改め、教育方針を見直して欲しい。

社会人では、サラリーマンを見てると同じ道、同じ駅、同じ電車、同じ同僚、同じ帰路。
いえ、これは世界共通なのですが日本ではその循環で終わっている気がします。
なぜなら外国では労働時間も比較的少なく人生を「楽しく生きること」が尊重されています。
それからなぜ日本は俗に言う「社畜」がいるのでしょう。仕事が楽しいからではありません。「仕方がない」のです。
20代は仕事ヤダ。仕事疲れる。月曜日やだ。それがどうでしょう。。。悩んでも仕方がないから一生懸命やろう。。。となっていくんです。いえいえ、一生懸命働くことは良いことです。ですが「働き詰め」と聞くといかがでしょう。そう、休暇もひったくれもないんです。日本は最も有給休暇を有効に使っていない国と言われています。ほかの国は全部使う国が多いのに対し、10日ほど余してしまうんだとか。理由は嫌な目で見られる。など。
なぜ?嫌な目で見るのでしょう。「働く」は人生より大事でしょうか?
日本が変わらない理由は「それだけ」だと私は思っております。
日々鬱々な表情を浮かべ電車に揺られる彼らを見てると社会だって変わらないのも当然です。
一人ひとりが変わっていくのが大事なんです。
今、日本は憂い、困窮しています。休暇をとるのも大事なのです。快活なあの頃の日本を取り戻しましょう。

左翼のようだし、私が休みたいだけ、楽したいだけと思われるかもしれません。ですが難しい金融政策や政策よりこれだけの簡単なことで日本全体は絶対に変われると思うんです。これが私の思っていることの全てです。
これを見て変わっていく人が増えてくれたら嬉しいです。
スポンサーサイト

theme : いま想うこと
genre : 日記

line

ディセント

どうも!デコ広です!!

更新が遅くなって申し訳ございません。(まだ見てくれている人は全くいないのですが。。。笑)

今回は、ディセントです!

DECENT.jpg

こ、怖いっすね~。。。笑
これ。実は前々から気になっとった所存でございます。
では、作品紹介及びレビューを。

アクティブで刺激的なことが大好きな仲の良い女子グループ6人。
その日もグループにサラの夫と子供を誘ってラフティングを楽しみ、グループはサラの家族の車、それ以外が乗る車に別れ、帰路についていた。
だが、サラたちを載せる車中に悲劇が訪れる。
(面白くなくなるので、ここではあえて言いません!)

落胆するグループの一人、サラは今回の企画にも乗り気ではなかった。
「子供」 「家族」 「夫」
そんな単語が出るたび彼女は陰鬱な表情を浮かべていた。
そして向かった先は、観光用の洞窟。
そこには神秘的な光景が待ち受けていた。あるひとつのことを除いては、、、
サラは嫌な予感がしてならなかった。粘液。暗闇。うめき声。
休憩時に彼女はメンバーのひとりジュノから「あなたを元気づけるためにやったのよ。あの時は先に帰ってしまってごめんなさい。」という言葉を聞く。彼女は少し気持ちが楽になったようだった。
進み続けるメンバー。だがサラは道中の、人がようやく通れるような穴に挟まってしまう。
メンバーの一人ベスがサラを手伝い、抜け出すことに成功するが穴が崩落し、戻ることができなくなり、あげくロープも崩落した穴に置いてきてしまったのである。
そして、ジュノが衝撃発言、、、
「これ、、、実は未開の洞窟なの、、、、、」
「出たら名前をつけるのよ!サラが!」
仕方なく進むメンバー。だが、待ち受けていたのは骨、骨、骨
一面に動物の遺骸が散乱していた。
何かが動く。その異型の怪物を凝視した彼女は慄然とする。。。。。。。。。。。

てな感じでございます!
オホホホホ、、いや、もうダメ。
こんなとこいたら発狂すること請け合いですわ。。。
アホです。もうこの人たちアホです。笑
何が怖いか。モンスターも怖い。だけど一番怖いのは~~~
人間。かのだれだれ小説家さんも最も怖いのは人間!っと仰っていた!
人間というのはこうも生き残るために他人を犠牲にするものなのかと身にしみて感じた。
実際私もこんなとこいたら同じことします。(読者さんも同じことしちゃうと思います)
僕が推したいのはココ!!人間の真理!を見抜いた監督さんに拍手!そして観る方にはモンスターも見て欲しいがこいつらの醜悪な人間劇に見入って欲しい!!ぜひ見てちょーだい!!もう最高傑作!!(おすピーかい)
では!ここらへんで!シーユーネクストタイム!バイバーイ!
DE 3
DE4.jpg

theme : 洋画
genre : 映画

line
line

FC2Ad

line
プロフィール

デコ広

Author:デコ広
当ブログへようこそ。
このブログのポリシーは三ヶ条
1.映画に「点」や「星」をつけない。
2.内容を言わない(ネタバレしない)。
3.映画に対する罵詈雑言は言わない。

line
最新記事
line
最新コメント
line
最新トラックバック
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
アクセスカウンター
line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。